寂しい一人暮らしに飼いやすいおすすめペットとは?

ひとり暮らしで、帰宅したときに何のお出迎えもなく、ただ仕事の疲れだけが残るなんていうのは嫌ですよね。

折角なら、帰宅したときに家で待ってて自分を癒やしてくれるペットくらい欲しいものです。

というわけで、ひとり暮らしの人におすすめのペットをご紹介したいと思います。

猫は犬に比べると留守番をしていても気ままに過ごしていてくれるので、ひとり暮らしでも比較的飼いやすいペットです。

ひとり暮らしで飼う場合には、キャットタワーやおもちゃを用意しておいて、一匹でも寂しくないようにしてあげることが大切です。

また、発情期に鳴き声が近所迷惑にならないように、きちんと去勢や避妊手術を受けておくことも重要です。

飼うメリットとしては、留守番をしている間もマイペースに過ごしてくれることや、トイレをすぐに覚えてくれること、何より癒やし効果が高いことが挙げられます。

デメリットとしては、爪を研ぐ習性があるので、飼い主がいない間に床や壁、ふすまがボロボロになることもあるところです。

無駄吠えや体臭が少ないこと、小型犬であることを考慮すればひとり暮らしでも犬を飼うことはできます。

毎日欠かせないお世話としては、「食事」「おもちゃなどを使ったコミュニケーション」「ブラッシング」などが挙げられます。

ひとり暮らしでも飼いやすい犬種としては、体臭や無駄吠えが少ないことを考慮して「トイプードル」「パピヨン」「チワワ」などがオススメです。

飼うメリットとしては、生活が楽しくなったり、癒やし効果が高まったり、散歩などで行動範囲が広まったりするなどが挙げられます。

デメリットとしては、長時間の留守番は犬にとってストレスになることや、毎日の散歩などの世話に時間を確保する必要があるといったことです。

フェレット


愛玩動物として定着しつつあるフェレット。ひとり暮らしの方にも大人気のペットです。

人にもよくなついて、家に帰るとお迎えをしてくれるようになることもあります。

フェレットは睡眠時間が長いので、犬や猫のように留守中に鳴き声がうるさくなったり、暴れたりしにくいというのも人気の理由のひとつです。

飼うメリットとしては、「留守番が得意」「ライフサイクルを合わせやすい」「鳴き声が響かない」「散歩がいらない」などが挙げられます。

デメリットとしては、病気になりやすいこと、足音が響くこと、放牧時間の確保が必要なことが挙げられます。

まとめ

一人暮らしで飼いやすいペットは以下です。

  • ねこ
  • フェレット

フェレットはアメリカでは、かなりメジャーなペットです。人懐っこいので、愛着も沸くこと間違いなしです。

生き物なので、責任を持って飼うか判断して下さい。
ふるさと納税