エンタメ

函館のおすすめ観光スポット

hakodate SPOT

今回は函館に旅行に行ってきたときに観光スポットをしらべたので、そのなかでもおすすめの観光スポットを7つご紹介したいと思います。

どこも見所満載の観光スポットだから、全部行きたいね。

函館山

函館山まずは函館山を紹介します。函館山から見る夜景は100万ドルの夜景とも言われるほど素晴らしいです。

空気の澄みきったよく晴れた冬の夜は特に綺麗です。真夏でも展望台は風が強く寒いので防寒はしていた方がいいですよ。

眺める場所天気や季節によって異なる表情を見せてくれるのでいろんな季節・夜景を楽しむことができます。

帰りはバスが混むので、地下のタクシー乗り場から駅や宿泊先に行く方が時間も掛からないので、おすすめです。

金森赤レンガ倉庫

金森赤レンガ倉庫金森赤レンガ倉庫は函館観光の人気スポットベイエリアを代表する商業施設です。

明治期に使われていた倉庫がレストランやショッピングモールなどになっていて、館内に個性的なお店が集う商業施設です。

函館ビアホールやお土産屋さんのある函館ヒストリープラザ、多目的ホールの鐘森ホールのエリアに分かれています。

函館構内を約15分間で一周するベイクルーズやオルゴールの手作り体験などもあります。夜に行くとライトアップされていてロマンチックです。

函館駅から徒歩で15分ほどで到着可能です。徒歩で行く方は足下に気をつけて散策して下さいね。

五稜郭

五稜郭特別史跡五稜郭を眼下に一望できる五稜郭タワーは各季節ごとに美しさがあります。

展望台には函館ゆかりの人物として有名な新撰組土方歳三のブロンズ像や五稜郭の歴史が学べる展示施設や強化ガラスの床で86 M 直下の景色を楽しめるフロアもあります。

函館市熱帯植物園

函館市熱帯植物園函館市熱帯植物園湯の川温泉街の一角にあり男性熱を利用して約300種3000本の熱帯植物の生育展示しています。

庭のサル山には冬の間プールに温泉が注がれ気持ち良さそうに入浴するニホンザルを見ることができます。

温泉猿が見られるのは12月から5月のゴールデンウィークまでです。自由に利用できる足湯や子供が遊べる場所もあります。家族で楽しむこともできます。

水無海浜温泉

水無温泉水無海浜温泉は函館市東部にある作家さん会山の麓にあり1日に数時間しか入れない幻の海中温泉です。

海岸には40から65°の温泉が湧出しています。温泉は混浴ですが、男女別の更衣室があり水着着用で入ることができます。

まじかに海を見ながらの入浴は景色も良く最高です。フナムシがいるそうなので虫が苦手な人には不向きかもしれません。床が滑りやすいので気をつけてください。

函館市のホームページには上位に基づいて入浴可能な時間を公開しているので訪れるときは事前にチェックして下さい。

トラピスチヌ修道院

トラピスチヌ修道院トラピスチヌ修道院が日本初の女子修道院です。

修道女たちが暮らしているので、館内には入れませんが前提と建物外観までは見学ができます。

旅行者用の礼拝堂資料館針売店ではシスターの手作りクッキー山田玲奈などを販売しています。

修道院の生活の様子を垣間見ることができ、心あらわれる穏やかな場所です。

函館公園

函館公園函館公園が函館山の麓にあり、春には約700本の桜が咲き誇る桜の名所です。

4月末から5月中旬の桜の開花期間中は桜のライトアップされ、夜桜も楽しむことができます。

小さな遊園地動物園博物館も併設されていて、日本最古の観覧車があります。

高さ12 M 直径10 M で二人掛けの椅子掛けが8席ある八角形の観覧車です他にもメリーゴーランドやレトロなのに物がたくさんあります。

まとめ

まとめ今回は見所のある函館の観光スポットを7つ紹介しました。

どこも見所のある観光スポットばかりですので、
是非函館観光を楽しんで下さい。

おすすめ観光スポット
  1. 函館山
  2. 金森赤レンガ倉庫
  3. 五稜郭タワー
  4. 函館市熱帯植物園
  5. 水無海浜温泉
  6. トラピスチヌ修道院
  7. 函館公園

▼キャンペーンの確認はこちらをクリック▼

kindleコミックストア

▼kindleで気軽に本・漫画を楽しもう!